シュツットガルトにあるドイツのIR型カジノ

ドイツにあるカジノは国内外で有名な温泉保養地や高級リゾートに昔から設けられていた由緒ある施設が目立っています。その中において、ドイツを代表する工業都市でもあるシュツットガルトにあるカジノはやや異色といった雰囲気で、都市部にあるIRこと統合型リゾートにある施設の一つになっています。シュツットガルトは世界屈指の人気自動車メーカー数社が本社を置いていることもあって、大都市圏や工業で栄えているエリアでの観光開発という点で、参考にしたいと考えている日本の都市も少なくないと考えられます。
オンカジ最新情報はこちら→アイウォレットiWallet対応のオンラインカジノを教えます!

合法カジノの歴史が長く、王侯貴族をはじめセレブの社交場としても機能してきたヨーロッパの施設は、ドイツも含め城館のようなゴージャスな建物でドレスコードも厳しい施設が基本となっています。その点、先進的な企業のオフィスや工場もあるシュツットガルトの場合、統合型リゾートということでホテルやシアターのほか国際会議も可能な大型コンベンションセンターやショッピングモールなどと同じエリア内にあり、外観も内部も現代的で気軽にプレイできる雰囲気に満ちています。女性の規定はないものの男性の場合シャツとジャケット着用が基本でかかとのない靴は不可など一応のドレスコードはありますが、観光客が気構えせずに訪れやすいムードが重視されているカジノです。

ドイツのカジノ「ヴィースバーデン」について

話題沸騰エンパイア777カジノの評価評判・口コミレビューをまとめてみたの記事をまだみてない方はこちらもチェック
ヴィースバーデンとは、ドイツのヘッセン州にあるドイツで最も古いカジノの一つです。彼の文豪、ドストエフスキーが大敗を喫したカジノです。ラスベガスのように光にあふれた建物ではなく、荘厳な建物の中にあり、内装もとてもおしゃれで大人の雰囲気を楽しむことができます。ここのカジノで楽しめる賭け事は、ブラックジャック・大人気のルーレット・ポーカー・スロットマシンです。最低ベットは10ユーロからと少々高めですが、その分スリルを味わえます。ドストエフスキーのように大敗するのか、一気に富豪への道を駆け上がるのか、運試ししてみてはいかがでしょうか。

この施設を利用したい方には注意があります。まず、おしゃれな雰囲気の中に気を使っていない普段着で入ることは許されません。セミフォーマル、男性がこの施設を利用したい場合は、シャツとジャケットを着用したうえでご利用ください。入場できるのは18歳以上の方に限られます。大人への第一歩に、賭け事をしてみるのも良いでしょう。入場料の有無や、ディーラーや従業員へのチップ用の費用の確認もお忘れなきようお願いします。映画のような空間で、かっこよくチップを渡しましょう。カジノの世界観に浸りながら、大勝負に勤しんでください。

ドイツのケルンにカジノのあるホテルがあります

ドイツのケルンというと、反射的に大聖堂を思い出す人が多いようです。確かに大聖堂の印象が濃すぎて、ほかの魅力がかすんでしまっている部分があるかもしれません。ケルンはドイツの北部にあって、ライン川沿いに位置しています。ドイツでは4番目に大きな都市の位置づけにあるのです。年間を通して比較的穏やかな気候に恵まれ、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴となっています。

ケルンには歴史的な建物や博物館、そしてパブやレストランなど楽しめる場所がたくさんあるのです。ライン川左岸の旧市街地が人気の観光エリアとなっていて、大聖堂もそこにあります。

この記事は人気記事です→カンボジアカジノホテルランキングと比較・評判です!

ケルンにある靴化のホテルにはカジノが設置されております。ドイツカジノでの人気のいいテーブルゲームはルーレットです。そしてポーカーやブラックジャックも賑わいを見せています。ディーラーや従業員にはチップを渡す慣習があります。ドレスコードは、基本的には男性はシャツとジャケット、できればネクタイを着用するのが好ましいとされているのです。

女性の服装については明確な規定はありませんが、サンダルやスリッパ等の踵のない靴は、入場を認めてもらえないこともあります。ドイツカジノの両替レートは、クレジット利用が最もメリットがあるとされています。現地での両替はレートが良くありません。

ドイツカジノで人気のルーレットについて

ドイツカジノは基本的には入場料が必要で、テーブルゲームとスロットで金額が変わる場合があります。中にはドレスコードが必要な場所もありますが、レンタルが可能のところもあります。年齢制限は18歳以上と21歳以上とそれぞれなので、しっかりと確認しておきましょう。パスポートのチェックとメンバーカードの作成も必要なので、パスポートは必ず持参しましょう。

ドレスコードは男性の場合、シャツとジャケットが基本で、女性は規定のない場所が多いです。サンダルやスリッパ、帽子やサングラスはNGの場合があるので確認しておきましょう。ドイツカジノでの両替はレートが悪いので、オススメはクレジットカードを利用することです。
オンラインカジノで稼ぎたい人は必見!
エコペイズEcoPayz対応のオンラインカジノを紹介します!

ドイツカジノで最も人気のあるゲームがルーレットです。ルーレットは赤と黒が交互になっており、それぞれに数字が書かれています。ルールはディーラーが投げた玉がどの番号に止まるかを予想して当てるゲームです。アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの2種類がありますが、0が1つしかないヨーロピアンで遊んだ方が勝率は高くなります。簡単なルールでカジノ初心者の方でも楽しめるゲームですので、ドイツへ行った際にはぜひやってみましょう。

ドイツのベルリンにあるカジノの特徴

ドイツには、約10か所のカジノがあります。他の国ほどカジノで有名な国というわけではありませんが、それぞれ大きな都市に施設があり、日本人の観光客もドイツにカジノ目当てで行く人が多いです。その中でもベルリンにある施設が一番人気があります。ベルリンにある施設は古くからある場所で、とても格式高い場所となっています。ドレスコードも厳しく、男性、女性ともに定められた服装をしていないと入場することができません。

ベルリンの特徴としては、施設内全体が落ち着いた雰囲気となっているということが挙げられます。このように落ち着いた雰囲気になっている理由としては、どのゲームも低い掛け金から参加することが出来るようになっているため、のんびりとした遊びをすることが出来ます。入場料が必要となる場所もありますが、基本的には入場料も無料となっており、入場しやすい雰囲気もあるので、カジノ初心者の方でも安心して施設内に入ることができます。

もちろん、中に入る時には身分確認のためのパスポートなどが必要となるので、あらかじめ準備しておかなければなりません。ゲームは基本的にドイツ語で進行しますが、客層に合わせて英語でゲームを進行するディーラーの方もいます。
人気のMGMコタイカジノホテルの紹介です!の記事をまだ見ていない方はコチラもチェック

ドイツのカジノでも楽しめるバカラの魅力

ドイツでもカジノを行える施設が国内に多数存在し、地元の人を始め、多くの観光客で賑わいを見せています。世界的に行われるバカラも盛んで、ドイツでも同じように人気になっているゲームの一つです。

もっともドイツではポーカーといったテーブルゲームが人気になっており、その理由はプレイヤーの心理的な要素を大事にするためです。しかしバカラの場合だと仮想二人による勝負になり、勝ち馬に乗るという賭け方になるため、賭ける側の心理的な要素を必要としないことで、テーブルゲームが苦手な方に支持されています。

ドイツはカジノに対しての取り組みが比較的に厳しい国として知られていますが、国内では様々な場所で広く行われています。カジノ施設の収入源の一つとしても多額の賭け金が動くバカラは魅力的な存在で、多くの施設でもプレイすることが可能です。

なおヨーロッパはテーブルゲームが盛んな国としてもよく知られていますが、ゲームの中での心理戦を愛されているからとなります。しかしゲームのプレイヤーの中にはそういった心理戦が苦手な方も多く、カジノで心理面を極力押し出さずにプレイすることができるのは、バカラやスロットです。

世界的に広く行われているゲームをドイツでも堪能することができるのは、観光客にも安定感を与えてくれるとして好まれます。

ドイツのカジノに行くならドレスコードに注意

観光に行くときやギャンブルを楽しむときにはどんな服装で出かけていますか。きちんと身だしなみに気をつけているという方でも、結婚式などの冠婚葬祭やビジネスといった特別なシーンでもなければドレスコードをそれほど意識していない場合がほとんどでしょう。しかし伝統的なドイツのカジノではドレスコードがしっかりと決められているので、カジュアルな服装では入場することすらできない可能性が高く注意しなければなりません。

アメリカやアジアにあるカジノはエンターテイメント性を重視した場所であるのに対し、ヨーロッパでは上流階級が集う社交場のような雰囲気があります。そのためマカオなどに行くときと同じ気持ちのままドイツで遊ぶのは禁物です。

ドイツでカジノを楽しむときは男性であればジャケットとネクタイ、女性の場合はドレスとハイヒールといったようにフォーマルな格好が基本になります。わざわざ着替えるのは面倒に感じられるかもしれませんが、アジアで楽しむときとは違った雰囲気が味わえるという魅力があります。カジノによっては服をレンタルすることもできるので、準備するのを忘れてしまった場合や荷物を増やしたくない方でも安心して遊ぶことができるでしょう。

ドイツのカジノは収益に対する源泉徴収の税金

ドイツのカジノは、州政府が許認可権を持っています。州政府が直接経営する形態と民間会社に委託しているものがあるのです。従前は、都心を離れた保養地のみでの営業しか認められていませんでしたが、1973年の法律改正で都心部でも営業できるようになりました。代表的なドイツのカジノはシュトウッツガルトやホルシュタイン州のコロンビアホテル、バーデンなどに設置されています。

カジノ収益税という州に対する税金があります。きわめて高い税率で税金が課されるのです。例えばベルリン州、粗収益に対して80%の課税がされています。徴税システムも非常に厳格です。営業終了時に各自の税額を計算して納税することになります。日本人の観光客の場合には50万円以上の勝った金額があれば一時所得として納税が必要になるということです。
オンカジマニアのお勧め記事はこちらで確認
ルーレットを確率論/賭け方/運で攻略!これがプロの資金管理法だ!

いずれにしろ、勝ち越しで帰国する場合には、必ずカジノ発行の証明書をもらってくることが大切になります。ドイツからの出国の際に現金の源泉証明書になりますから重要になるのです。この書類は、日本の税務署に送付されることになっています。このため数百万円にものぼる金額が把握されると必ず税務署から問い合わせがあると考えたほうがいいです。

ドイツのカジノとレートについて

ドイツにもカジノをすることが出来る施設が存在します。ドイツの温泉保養地「バーデン・バーデン」に250年以上も昔に作られた「バーデン・カジノ」は、世界で最も美しいカジノで世界的に知られている施設です。この施設では、ドレスコードが存在し、ショートパンツ・サンダルといったカジュアルな服装は禁止されています。男性であれば、ジャケット・革靴・ネクタイの着用が必要となります。その他にもドイツには各所に施設が存在しますが、場所によって年齢制限やドレスコードも異なります。ゲームは、スロット・ブラックジャック・ルーレット・ポーカーなどの定番物があり、遊ぶことが可能です。

カジノの各ゲームでは、最低賭け金所謂レートが決まっています。この最低賭け金を知ることなく予算を決めることは不可能です。ディーラーが投げ入れたボールがどの場所に落ちるかを当てるルーレット・プレイヤーかバンカーそのどちらが勝利するか予測して賭けるバカラ・自分の手とディーラーの手と勝負し、カードの数字の合計が21に近い方が勝利するブラックジャックなどのゲームに興ずることができますが、事前にしっかりレートを確認したうえで予算を作りこむことが、より楽しむために必要なこととなります。
オンカジ情報最新のおススメはこちら
話題のHuuugeCasino/評価・評判・口コミ・レビューまとめ

初心者が楽しめるドイツのカジノ

カジノと言えばラスベガスやモナコ、最近ではフィリピンなども人気がありますが、カジノ初心者におすすめなのがドイツです。ドイツの有名カジノは、王侯貴族の高貴な遊びというルーツをくんでいるため、ドレスコードなどが厳しめでラフな雰囲気というよりも高級な雰囲気を楽しむことができ、紳士的な人が多いことが特徴です。最低掛け金が低めに設定されており、国内や周辺諸国からの旅行者が多いため比較的静かで品が良いところが、日本人の初心者におすすめの理由です。
東京カジノプロジェクトのスロットジャックポット確率は何%でしょう?←オンラインカジノブログもチェック

実際に行くときには、ドレスコードに注意が必要になります。イブニングドレスやタキシードまでの正装は必要ありませんが、男性ならジャケットに革靴、女性はワンピースにパンプスなどのある程度フォーマルな服装で行くことをおすすめします。入場するときにはパスポートで身分を証明する必要があるので、忘れずに持って行きましょう。ドイツのカジノにはレストランが併設されている場合が多く、適正価格で味も良いので大変人気があります。雰囲気も良く、落ち着いて食事をすることができるのでおすすめです。ゲーム中にのどが渇いた場合には、フロアに入るスタッフに声をかけると持ってきてくれ、価格もノーマルなので安心です。